本文へスキップ

 






ギャラリー

伊丹市立図書館ことば蔵
8月9(木))10日(金)
14:00〜15:30くらい

「自分だけのオリジナル
すごろくを作ろう!」

18マスのオリジナルすごろくシートに絵を描いたり、写真や折り紙を貼ったり
工夫して、自分だけのすごろくを作る
2日間講座です。夏休みの自由研究にも
ぴったりですよ。テーマは自由
虫の育て方や、旅日記、本の感想も
なんでもすごろくになります。

ペットのすごろく作品例



対象・小学3年生以上 定員名12名
直接伊丹図書館ことば蔵へお申し込み
ください。
使いたい材料やペンなどがあれば
持ってきてくださいね。
基本的な用具は用意しています。



伊丹市立図書館ことば蔵
〒664−0895
伊丹市宮ノ前3−7−4



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタジモにしのみや
「冷やしスタジモ」
「目指せ投資家! すごろく」
で参加しております!

8月20日(月)pm1:30〜3:00
限定6名(残り僅か)
小学3年〜6年生 父兄同伴可
参加費1,000円(材料費込)
モノポリ的なスゴロクゲームを
お持ち帰りいただけます。

昨今注目を浴びている子どもを
対象とした金融教育。
株や外貨、物品など投資について
子どもにも分かりやすく、専門の先生がご説明いたします。
今回は公認会計士、証券アナリスト
グロービス経営大学院教授の
谷保廣先生

お申し込み受付
スタジモにしのみやまで
お願いします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
妖怪双六もこの夏
登場するかも知れません!
お楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



古典作品などオリジナル
双六を作成、読書会に利用して活動しています。

西宮むかし話双六



篠山
一寸丹波篠山彼是双六


前回活躍した双六
今までと違って、スタイリッシュな双六です。
賢治の作品と人生を絡ませて作りました。





読書会・小さな靴あとは古典や文学を題材にしてオリジナル双六を作り、読書会を開催しています。
楽しく遊べて学べる読書会を目指して活動しています。



阪急阪神お洒落双六 阪神間文学が満載の双六です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子ども夢基金の助成で熊本再訪が実現しました。
2018年2月10日

通潤橋にまつわる エトセトラすごろく

今回は地域の文化遺産を中心に考えてみました。
阪神淡路大震災で、気がつけば何かを失って居たことに気がつきます。それはずっとあとのことでした。

だからこそ、震災で失うことなく、残り続ける文化遺産の大切さを見つめ直して欲しいと願っています。

通潤橋は江戸末期、肥後の石工たちの技術力の高さを示す石橋です。人ではなく水を運ぶ橋です。
水不足で稲作が出来なかった白糸台地に水を供給し豊かな棚田風景を作り上げ、今に至っています。

日本の国が出来てから、神話が生まれ、戦があり、お殿様も代わり、国の制度もありました。そんな中でいかにして技術力を高め、通潤橋を造るまでになったのでしょう。

理解を促す本、歴史の場面、それぞれのパーツを
大学生のお兄さんとお姉さんが話す説明を聞きながら
貼って仕上げていくすごろくです。

関西学院大学のフジタくんとヨネザワさん
解りやすくお話ししてくれました。
出来上がったすごろくであそぶこともできます。

いつもお邪魔している広安西小学校の皆さんはじめて飯野小学校にもお伺いしました。
この日はあいにく寒い雨の日でした。
参加していただきありがとうございます。
大型すごろくには、気になる本にシールを貼って
再確認してもらいました。

地域の文化財、通潤橋は地震で被害を受け修復中でしたが、この4月に工事を終えるようです。
熊本の復興を心よりお祈りしております。

またお会いできる日を楽しみしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

熊本復興後支援 読書推進活動
「あなたの好きなは本をみんなに
おススメしよう」POP編

2017年12月27日 
広安西小学校図書室にて開催しました。
今回は関西学院大学から藤田さんと中田さんが
ボランティアメンバーとして同行しました。

図書室の本からお気に入りを一冊選び、POPで紹介しました。まだ読んでないお友だちも興味を持ってくれそうです。図書室が楽しくなりました。



オリジナルすごろくを作ろう!
24コマか18コマのオリジナルシート使って
世界に一つだけ、自分だけのスゴロクを作
るワークショップ活動もしています。

夏休みにどこかで開催
するかもしれません!
お楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

熊本支援活動について
GOGO☆HIRONISIKIDS
進め進め双六。

小さな靴あとの熊本支援活動としまして、昨年
より、仮説住宅での双六大会、広安西小学校
での双六作りのワークショップ活動をしており
ます。

始業式を迎え、卒業したり新しい年度となる3
月小さな靴あとでは、何か目に見えるが支援
ができないかものかと思案した結果、震災か
ら始業式までの双六を作成し、全校生徒生徒
さんたちにお渡ししました。

井出校長先生の「復幸」という教えが印象的
でした。
大人たちは復興をめざし、子どもたちは幸せ
を取り戻すことこそ真の復興になります。あ
なたちは笑顔を取り戻し、幸せを取り戻しま
しょう。その笑顔が大人たちの力になります、
と。

余震が続く不安な中、子どもたちに下を向か
せない、そんな余裕を与えないように、忙しく
させるんだと、先生方、PTAの親御さんたちが
一体となって、実に様々なイベントを受け容れ
開催してこられた1年でした。

井出校長先生から資料提供をしていただき、
ボランティアで入られた団体、皆さんの活動、
子どもたちの姿を小さなコマで描きました。
イベントコマは前にしか進みません!
子どもたちの『復幸』を願って、大人たちも頑
張った記録でもあります。

生きている限り辛い出来事に遭遇します。
それを乗りこえていかねばなりません。
子どもたちは常に生きるレッスンを強いられ
ています。でも、一人じゃないんだよ。応援
しているんだよ。幸せを願っているんだよ。
だからみんな集まってきたんだよ。小さなコ
マから、そんな声が少しでも感じて貰えれば
うれしい限りです。

わたしたちの会に家や地域を建て直す力は
ありません。ただ、ただ、優しい記憶の一コ
マを紡ぐ1枚の双六しか作ることしかできま
せん。
一コマ一コマに登場した皆さんの優しさを、
少しだけ覚えておいてくれたら、ありがたい
なと思います。それが乗りこえていく力のた
しになればと願っています。

広安西小学校での活動は、学校ってこんなに
楽しかったのだろうか、そう感じさせてくれる温
かい経験でした。
井出校長先生をはじめ、先生方父兄の皆さま
のご尽力によって実現した毎日夜見世、お祭
りのような楽しい時間でした。

活動に参加、支援していただきました先生方
保護者の皆さま、広安西小学校の生徒さん
たち、本当にありがとうございました。
支援というかたちでしたが、こちらの方が実り
ある楽しい経験をさせていただきました。
皆さまの復興、子どもたちの復幸を心よりお
祈りしております。
    (双六読書会・小さな靴あと 谷 明子)

百人一首はPCページより、ご覧いただけます。イメージ04

初めての方でも、気軽に古典を楽しんでいただけるような読書会を目指しています。
お気軽にご参加ください。

詳しくはPCページにて。


姉妹サイトとして日本地ビール旅、双六サイトが加わりました。全国のクラフトビールを知ることができます。
こちらもどうぞご覧になってくださいね。


  読書会・小さな靴あと
  代表 椿野手毬(谷明子)

PC以外でしたら、Facebookへ
メールもOK
temari7723@mbn.nifty.com