本文へスキップ

 






ギャラリー

伊丹図書館ことば蔵にて開催
となりのようかいさん
妖怪好き好きの門脇先生に
お話を聞いてみよう!
そのあと妖怪すごろくで遊びます!


参加無料・定員40名
ようかいすごろくがもらえます。

妖怪ってどうしてうまれたの?
妖怪って何を教えてくれるの?
妖怪についてちょっこと考える
イベントです。




古典作品などオリジナル双六を作成、読書会に利用して活動しています。

西宮むかし話双六



篠山
一寸丹波篠山彼是双六


前回活躍した双六
今までと違って、スタイリッシュな双六です。
賢治の作品と人生を絡ませて作りました。





読書会・小さな靴あとは古典や文学を題材にしてオリジナル双六を作り、読書会を開催しています。
楽しく遊べて学べる読書会を目指して活動しています。



阪急阪神お洒落双六 阪神間文学が満載の双六です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子ども夢基金の助成で熊本再訪が実現しました。
2018年2月10日

通潤橋にまつわる エトセトラすごろく

今回は地域の文化遺産を中心に考えてみました。
阪神淡路大震災で、気がつけば何かを失って居たことに気がつきます。それはずっとあとのことでした。

だからこそ、震災で失うことなく、残り続ける文化遺産の大切さを見つめ直して欲しいと願っています。

通潤橋は江戸末期、肥後の石工たちの技術力の高さを示す石橋です。人ではなく水を運ぶ橋です。
水不足で稲作が出来なかった白糸台地に水を供給し豊かな棚田風景を作り上げ、今に至っています。

日本の国が出来てから、神話が生まれ、戦があり、お殿様も代わり、国の制度もありました。そんな中でいかにして技術力を高め、通潤橋を造るまでになったのでしょう。

理解を促す本、歴史の場面、それぞれのパーツを
大学生のお兄さんとお姉さんが話す説明を聞きながら
貼って仕上げていくすごろくです。

関西学院大学のフジタくんとヨネザワさん
解りやすくお話ししてくれました。
出来上がったすごろくであそぶこともできます。

いつもお邪魔している広安西小学校の皆さんはじめて飯野小学校にもお伺いしました。
この日はあいにく寒い雨の日でした。
参加していただきありがとうございます。
大型すごろくには、気になる本にシールを貼って
再確認してもらいました。

地域の文化財、通潤橋は地震で被害を受け修復中でしたが、この4月に工事を終えるようです。
熊本の復興を心よりお祈りしております。

またお会いできる日を楽しみしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

百人一首はPCページより、ご覧いただけます。イメージ04

初めての方でも、気軽に古典を楽しんでいただけるような読書会を目指しています。
お気軽にご参加ください。

詳しくはPCページにて。


姉妹サイトとして日本地ビール旅、双六サイトが加わりました。全国のクラフトビールを知ることができます。
こちらもどうぞご覧になってくださいね。


  読書会・小さな靴あと
  代表 椿野手毬(谷明子)

PC以外でしたら、Facebookへ
メールもOK
temari7723@mbn.nifty.com